野菜生育中に行うこと

野菜を栽培する時は、耕した庭やプランターにタネまきをしたり苗を植え付けたら作業はそれで終わりではありません。

野菜の収穫まではある決められた作業を行い野菜の生長を促進しないと大きく育ちませんし、運よく育って収穫できたとしてもとても小さい野菜しか採れません。

野菜を楽しみながら育てて、とても大きく生長した野菜が収穫したいですよね。

ここでは、野菜栽培中に必ず行わなければいけない、水やり、間引き、支柱立て、追肥、誘引、人工授粉、収穫という作業内容について説明します。

水やり

水やりとジョウロ

水やりの方法、ジョウロの種類について説明しています。
(水やりは、土の表面が乾いていたら毎日かかさず行いましょう。)


間引きなど

間引き・中耕・土寄せ・増し土

タネが発芽した後の、間引き、中耕、土寄せ、増し土について説明しています。
(苗を健全に育てるために、積極的に行ってください。)


支柱立て

支柱立て

いろいろな種類の支柱の仕立てについて説明しています。
(育てる野菜に適した支柱の仕立てをしてください。)


追肥

追肥

追肥に適した肥料や方法について説明しています。
(追肥には速効性が求められます。)


誘引など

誘引・整枝

誘引、摘芯、摘葉、わき芽かきについて説明しています。
(野菜の生長を促すために、確実に行ってください。)


受粉・人工授粉

受粉・人工授粉

受粉の方法はどういうことをするのか説明しています。また、受粉が必要な野菜についても説明しています。
(トウモロコシ、スイカ、メロン、イチゴは人工授粉が必要になります。)


収穫

収穫・保存

花が開花してから収穫までの、おおまかな日数と収穫した野菜の保存方法について説明しています。
(実もの野菜、葉もの野菜、根もの野菜によって収穫時期が違ってきます。)

 

スポンサーリンク