初心者でもプランターや狭い庭で簡単に野菜が作れます


スーパーで買って使い終わった市販ネギをプランターへ植えつけて育てる

ネギの根元を植えつけると育つの?

ネギは料理や薬味の必需品でありますが、みなさんはスパーで買ったネギを使い終わって捨てる根元の部分はどうしていますか?
根元の部分は、使い道がないのでゴミ箱に捨てていると思います。
私も、家庭菜園を始める前はゴミ箱へ捨てていました。

しかし、このネギの根元の部分は、プランターへ植えつけて水と肥料を与えれば新しく芽がでてきて、1~2カ月くらい経過したら背丈が30cm以上に伸びてくれます。

本当に根元の部分だけでよく、根が少しついていれば植えれば大きく生長していきます。

↓プランターへ根元を植えつけたら新しい芽がでてきました↓
市販ネギの根元を植えつけたら芽ができきました

↓植え付けから2カ月くらい経過すると、ネギは背丈30cmくらいに伸びます↓
写真は、ネギの先端のネギ坊主の花が咲いてしまった状態。ネギは硬くなって美味しくありません。
植え付けた根元が生長しました

ネギは育てやすい野菜ですので、特に手入れはしていなくても、水と肥料を与えていただけで大きく生長してくれます。

ネギは、春から初夏にかけて先端につぼにをつけて花を咲かせます。
このつぼみのことをネギ坊主といい、つぼみの時期に収穫すると美味しいネギが食べられますが、花が咲いてしまうとネギは硬くなって美味しくありませんので早めに収穫するようにしてください。

↓先端にできたネギ坊主↓
ネギ坊主

ネギ坊主自身は、花が咲く前の状態の時なら、天ぷらや炒め物にして食べると美味しくいただくことができます。

家庭菜園の知識がなくても、誰でも簡単に育てることができますので、興味があったら市販ネギを1度再利用してみることをおすすめします。

トップページへお役立ち情報


スポンサーリンク