タネまき・苗の植え付けに適した時期

野菜を育てる適切な季節

タネをまいて発芽したコマツナ

ホームセンターに行くと、いろいろな野菜のタネや苗が販売されていますね。

野菜の苗は、4~5月の春植え苗と9月の秋植え苗として植えつけに適した旬の時期に店頭に出回りますので特に植え付ける時期について気にすることはありません。

但し、注意することがありまして、秋植え苗の場合は、苗を購入したらすぐに庭やプランターへ植え付けても構いませんが、春植え苗の場合は、4月上旬に購入したとしてもポリポットのまま日が当たるところに置いて1週間くらい水やりをしてその地域の環境に馴染ませて暖かくなってきた4月下旬から5月上旬に植え付けた方が生長はよく立派に育つので早植えはしない方がいいと思います。
※野菜は生育適温があり、早く植えつけても気温がその野菜に合っていなければ大きく生長しないので気をつけましょう。

野菜のタネを購入した場合はどうかというと、タネをまく時期があらかじめ決まっていますので、どの季節にタネをまけばいいのかよく確認してから購入してください。

例えば、春にタネをまいて夏に生長した実を収穫する野菜があるとします。この野菜のタネを秋にまいても、植物が育つ適性温度が違うため育ちません。植物は、タネから発芽して生長する時期とタネの形で休眠する時期の2通りあるということです。
※ビニールハウスなど適性温度が保たれる環境であれば育ちます。

では、どの季節に野菜のタネをまけばいいのかという簡単な確認方法としては、タネ袋の裏面にタネをまく時期や収穫する時期が簡素に記載されていますので、必ずタネまき時期に適した野菜のタネを購入するようにしてください。

失敗なく美味しい野菜を育てるには、その野菜が最も生長する適切な時期を守って栽培することです。

下記に、春野菜夏野菜秋冬野菜に分けてタネのまき時と苗の植え付け時期をまとめました。植物はタネをまいたり、苗を植えつけたりする季節が決まっていますので、タネまきや苗の植えつけ時の参考にしてください。

スポンサーリンク

 

春から夏の間まで栽培する野菜

主に実もの野菜に多く該当し、2~5月くらいにタネまきや苗を植えつけて夏に収穫する野菜です。

実もの野菜

  • オクラ
  • シシトウ
  • ピーマン
  • トウガラシ
  • インゲン
  • キュウリ
  • ナス
  • エダマメ
  • トマト
  • トウモロコシ
  • かぼちゃ
  • スイカ
  • メロン

葉もの野菜

  • ミョウガ(1年後に収穫)

根もの野菜

  • しょうが
  • ゴボウ
  • ジャガイモ(2~3月に植え付けて7月に収穫)

春から冬の間まで栽培する野菜

主にいも類に該当して、4~5月に植え付けて11月に収穫する野菜です。

葉もの野菜

  • 万能ネギ(真冬以外はいつでも収穫できます)
  • ニラ(真冬以外はいつでも収穫できます)

根もの野菜

  • サツマイモ
  • サトイモ

秋から冬の間まで栽培する野菜

主に葉もの野菜や根もの野菜に多く該当して、夏の終わり頃にタネまきや苗を植えつけて冬に収穫する野菜です。

葉もの野菜

  • ネギ
  • しそ
  • ホウレンソウ
  • コマツナ
  • チンゲンサイ
  • シュンギク
  • ハクサイ
  • レタス
  • キャベツ
  • ミツバ
  • ミズナ
  • ブロッコリー

根もの野菜

  • ニンジン
  • ダイコン
  • コカブ
  • ラディッシュ
  • ゴボウ

秋から翌年の春の間まで栽培する野菜

秋にタネまきや苗の植えつけをして翌年の春に収穫する野菜です。

実もの野菜

  • いちご(秋に植え付けて翌年の春に収穫します。)

根もの野菜

  • タマネギ(秋に植え付けて翌年の6月に収穫します。)
  • にんにく(秋に植え付けて翌年の6月に収穫します。)
  • ギョウジャニンニク

トップページへ野菜作りの準備

スポンサーリンク