野菜のタネまきの方法

野菜の種類でタネのまき方を変える

プラグトレーやビニールポットを使って野菜の苗の移植栽培を行わない時は、耕した庭やプランターへ直接タネをまいて野菜を育てていきます。

野菜のタネまきの方法は、主に、(条まき)すじまき、点まき、ばらまきの3種類があるので、野菜の種類やタネの大きさによってまき方を変えるとタネまきがしやすいです。

タネまきをする時の注意点ですが、地温がタネの発芽適温に達していないと発芽しないので、

  • 実もの野菜は気温が20~30℃
  • 葉もの野菜、根もの野菜は気温が15~25℃

という環境の時にタネまきを行って発芽の失敗を防いでください。

特にタネを春まき(2~4月)する時は気温がまだまだ低いので発芽不良を起こします。春まきする時は地面に不織布や透明なビニールフィルムをべたがけしたり、トンネル用の支柱とビニールフィルムを使って温室を作るなどして発芽するまでは保温対策をしてください。

タネを土に撒く深さは、タネの大きさの1~3倍とするのが基本です。要するに、タネの大きさの違いで5mm~10mmくらいの深さとなるように撒けば完璧です。

ここでは野菜をタネから育てる時によく使う、すじまき点まきばらまきの違いについて簡単に説明します。

条まき(すじまき)でタネを撒く方法

直線で撒き溝を作って、その撒き溝にタネが重ならないように撒いていく方法です。

  • すじまきが適しいる野菜:葉もの野菜(こまつな、ホウレンソウなど)、香辛野菜(ネギ、ニラなど)、根もの野菜(ニンジンなど)

<すじまきの手順>
1.土の表面にタネを撒く為の深さ1cmくらいの撒き溝を作ります。
※撒き溝を作る道具は、手の指やかまぼこの板などなんでも構いません。
すじまき(タネをまく前)

2.タネとタネとの間隔が1cmくらいで、タネが重ならないように撒き溝に撒いていきます。
タネが撒き終わったら、タネに土をかぶせて、上から土を軽く押えつけ密着させます。

注意:タネ撒き後は、こまめに水やりをして発芽するまで土を乾燥させないようにしてください。発芽後は適切な株間となるように間引いてください。
すじまき(タネをまいた後)

点まきでタネを撒く方法

育てる野菜の株間をあらかじめ確認して、その株間となるようにタネをまく撒き穴を作って、その穴にタネを撒いていく方法です。タネの大きさが大きい野菜で利用します。

  • 点まきが適している野菜:葉もの野菜(キャベツ、ハクサイなど)、実もの野菜(インゲン、エダマメ、トウモロコシなど)、根もの野菜(ダイコンなど)

<点まきの手順>
1.土の表面にタネを撒く為の、深さ1cmくらいの撒き穴を作ります。
※撒き穴を作る道具は、手の指、びんの底、ペットボトルのキャップなどなんでも構いません。下の写真は、ペットボトルのキャップを押しつけて撒き穴を作りました。
点まき(タネをまく前)

2.1つの撒き穴に1~3つくらいずつタネをまきます。
※タネは重ならないようにしましょう。
点まき(タネをまいている最中)

3.タネに土をかぶせて、土を軽く押えつけてタネと土を密着させます。

注意:タネ撒き後は、こまめに水やりをして発芽するまで土を乾燥させないようにしてください。発芽後は撒き穴1つに対して健全な個体を1本だけ残して後のものは間引いてください。
点まき(タネをまいた後)

ばらまきでタネを撒く方法

タネが重ならないように均一にタネをばら撒いて発芽させる方法です。すじまきと似ていますが、すじまきは細い撒き溝にタネを撒いていきますが、ばらまきは適当に撒いていきます。

  • ばらまきが適している野菜:葉もの野菜(ミニサイズのもの)、香辛野菜(葉ネギ、ニラなど)

<ばらまきの手順>
1.土の表面が平らとなるようにならします。
(ならす道具は、手や木などなんでも構いません。)

2.タネとタネの間隔が1cmくらいとなるように、適当にばらまいた後に少し土をかぶせます。

3.タネに土をかぶせたら、上から土を軽く押えつけます。

注意:タネ撒き後は、こまめに水やりをして発芽するまで土を乾燥させないようにしてください。発芽後は適切な株間となるように間引いてください。
ばらまき

発芽時に光を好むタネと光を嫌うタネ

野菜のタネには、発芽する為にタネに光が当たることを好む好光性種子(こうこうせいしゅし)とタネに光が当たると発芽が抑制される嫌光性種子(けんこうせいしゅし)の2種類があります。
※別の言い方では、好光性種子は光発芽種子、嫌光性種子は暗発芽種子ともいわれています。

主な野菜の好光性種子と嫌光性種子は次の通りです。

  • 好光性種子:ニンジン、こまつな、レタス、セロリなど
  • 嫌光性種子:ナス、トマト、ピーマン、カボチャ、スイカ、ネギ、ニラ、ダイコンなど

※好光性種子は埋める深さを浅く、嫌光性種子は埋める深さを深くしてください。

タネに被せる土の量の違いでも発芽しやすくなるかしにくくなるかが大きく影響してくるようになるので注意してタネまきを行ってください。、

発芽を成功させる為のタネまき時のアドバイス

タネをまいたけどなかなか発芽しないという方がいると思いますが、そのような時は、次の事を行うと発芽しやすくなります。

  1. 表皮が固いタネ(インゲン、エダマメ、オクラ、ホウレンソウなど)は、水に1晩ひたした後にまくと発芽しやすくなります。
  2. タネをまく前に土を軽く押さえつけてください。
    タネをまいた後も土をかぶせて軽く押さえつけてください。
    タネと土を密着させると発芽しやすくなります。
  3. タネに土をかぶせる高さは、目安としてタネの高さの2倍程度にしてください。
    それより高いと発芽しにくくなります。
  4. 土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。
    (コンテナの場合は、底から水が出てくる程度水を与えてください。)
    発芽するまで土を乾燥させないことが重要です。
  5. 不織布、新聞紙、わらなどを土の上にかぶせます。
    土の乾燥防止や保温効果があり、タネが発芽できる環境を整えます。
  6. 発芽するまでだいたい3~14日くらいかかりますので気長に待ってください。
    あまりにも発芽するのに日数がかかっていたら、発芽適温に達していない、又はタネが腐っている可能性がありますので、タネの発芽適温の環境を作って再チャレンジしてください。

このように、タネが発芽する条件は、水分、温度、タネを埋めた深さが関係してきます。その他には空気(酸素)も関係しています。どれか1つでも欠けると発芽しませんので、それぞれの条件がバランスよくタネに供給できるようにしてください。

↓タネが根を出しましたが腐っている状態↓
タネが腐っている

トップページへ野菜作りの準備

スポンサーリンク