初心者でもプランターや狭い庭で簡単に野菜が作れます


野菜を育てるための準備方法について

野菜栽培を始める前の土作りの方法と肥料の選び方

作付計画と野菜を育てる知識

作付計画と野菜を育てる知識

野菜を育てようと思いついたら、まず畑に植える野菜の作付計画を考えて、野菜の性質について勉強します。
(野菜は、土、肥料、日当たり、季節などを考慮して育てます。)


園芸用の堆肥

堆肥で土作りをする

野菜を作る場所の土に堆肥を混ぜ合わせて野菜栽培に適した土質にするための方法について説明しています。
(堆肥を使えば簡単にふかふかな土へと土壌改良できます。)


有機質肥料(骨粉入り油かす)

有機質肥料の基礎知識

有機質肥料の種類や特徴、有機質肥料で野菜を育てた時のメリットやデメリットについて説明しています。
(有機質肥料を使って野菜を育てると色つやが良く甘い野菜が収穫できるようになります。)


化学肥料(化成肥料)

化学肥料の基礎知識

化学肥料の種類や特徴、化学肥料で野菜を育てた時のメリットやデメリットについて説明しています。
(化成肥料を使って野菜を育てると失敗なく栽培できるようになります。)


元肥の説明

元肥の施し方

元肥とは、野菜栽培を始める前に土の中に混ぜ合わせておく肥料のことです。元肥の施し方と元肥に使う肥料の種類について説明しています。
(元肥を施しておけば苗の根が深く広く張ることができます。)


庭を耕して畑にする

庭を耕して畑にする

庭を耕して野菜を育てることができる土にするための方法について説明しています。
(小さい面積なら簡単に畑にすることができます。)


 


プランターと培養土の選び方(プランター栽培)

丸型の素焼のプランター

プランターと土を選ぶ

プランターで野菜を育てるときに、野菜作りに適した土について説明しています。
(適切な大きさのプランターと培養土を選んでください。)


花と野菜の培養土

培養土の選び方と使い方

プランターで野菜を育てる際は培養土を使えば手軽に始められます。培養土の正しい選び方と使い方について説明しています。
(水はけ、保水性、保肥性、通気性が良い培養土を選んでください。)


 


野菜のタネ撒きから収穫までの基礎知識

野菜作りに適した環境

野菜作りに適した環境

野菜が育てやすい環境(日当たり)について説明しています。
(日陰を好む野菜もあります。)


野菜の育て方

野菜の育て方(収穫までの流れ)

タネをまいてから収穫するまでにいろいろな作業をやらなければなりません。
簡単な収穫までの流れについて説明しています。
(基本的に、タネまき→育成→収穫の順番です。)


タネまきの時期

タネまき・苗の植えつけ時期

タネには発芽するために適した温度があります。
タネを撒いたり苗の植えつけに適した季節について説明しています。
(野菜によって育てる季節を変えてください。)


初心者でも育てやすいおすすめの春夏野菜

簡単に育てられるおすすめの春夏野菜5選

初めて家庭菜園をする方は、野菜が上手に育てられるのか心配ではないでしょうか?
春から夏まで育てて実を収穫する初心者でも育てやすい野菜を紹介します。
(タネからでも簡単に育てられる野菜はありますよ。)


初心者でも育てやすいおすすめの秋冬野菜

簡単に育てられるおすすめの秋冬野菜5選

初めて家庭菜園をする方は、野菜が上手に育てられるのか心配ではないでしょうか?
夏の終わりから育て始める初心者でも育てやすい野菜を紹介します。
(タネからでも簡単に育てられる野菜はありますよ。)


 


野菜のタネの撒き方と育て方

タネまきの方法

タネまきの方法

いろいろなタネをまく方法について説明しています。
(野菜によって、タネをまく方法が異なってきます。)


プラグトレーでタネまき

ポット・プラグトレーでタネまき

ポットやプラグトレーを使ってタネをまく方法について説明しています。
(ポットを使うと温度管理ができるので発芽しやすくなります。)


 


庭・プランターで野菜の苗を植え付ける方法

庭に苗を植えつける方法

庭に苗を植えつける方法

庭へ野菜の苗を植えつける方法を説明しています。
(庭で育てると野菜は大きく生長します。)


プランターに苗を植えつける方法

プランターに苗を植えつける方法

プランターへ野菜の苗を植えつける方法を2種類説明しています。
(手軽に育てるにはプランターがおすすめです。)


トップページへ

 


スポンサーリンク